仮想通貨について詳しくお話いたします

20代から世界の投資商品に目を向けて海外投資を始めている海外投資家です。

最近、話題になっている「仮想通貨」の事、詳しく知っていますか?

日本ではあまりよくないイメージで伝わっていることが多いので、本日は「仮想通貨」についてご紹介いたします。

仮想通貨は金のような性質を持っている

「仮想通貨」とは電子上の通貨の事です。通貨ですので皆さんが普段使っている1000円札のような紙幣と同じ価値を持っています。しかし、変動が激しいため、最も近い性質を持っているのは金だと思います。

金と仮想通貨が似ているところは、どちらも有限だということです。金は採掘からのみ採取することができ、人間が好きなように増やすことができません。

Bitcoin(ビットコイン)の発行上限量

また、世界で今一番知名度のある仮想通貨「Bitcoin(ビットコイン)」の発行上限量は2100万BTCと決まっており、金と同様に人間の都合よく増やすことができないのです。しかし、紙幣というのは人間が自己都合で発行することができるので無限に増やすことができます。

しかし、発行しすぎると紙幣の価値がなくなり、インフレが発生して国家が崩壊してしまいます。そのため、紙幣のような紙よりも上限数が決まっている資産の方が価値は高いと言えます。

仮想通貨の悪いイメージはどこから来た?

しかし、なぜ日本ではこの魅力的な資産の仮想通貨があまりよくないイメージで伝わっていると思いますか?それは2011年に起こったある事件の影響です。

かつて「Bitcoin(ビットコイン)」を管理していた世界最大級の交換所「マウントゴックス(株式会社MTGOX)」が何者かによってハッキングされました。

そしてビットコインの名目価格が1セントに下げられ大量に不正に流出たことによって875万ドル(日本円で10億円)もの被害が出たのです。

その後、2014年に「マウントゴックス(株式会社MTGOX)」のCEOが取締役を辞任、この会社は破産し、顧客から預かっていた85万BTC(当時の価格で470億円)と現金28億円が消えてしまいました。

しかし、真相は「マウントゴックス(株式会社MTGOX)」の元CEO「Mark Karpeles(マルク・カルプレス)」が顧客から預かっていた「Bitcoin(ビットコイン)」を自分で使用していたそうです。

SuicaやPasmoも仮想通貨の一種

こういった悪いニュースのせいで「Bitcoin(ビットコイン)」の信用度は地に落ち悪いイメージだけが出回ってしまいました。

ただ、ここまでの事を知っている人はあまりいないと思います。多くの方が何も知らないのに危ないと言っているだけです。しかし皆さんが使っている「Suica」や「Pasmo」も仮想通貨の一種です。それでも仮想通貨は危ないと思いますでしょうか?

たしかに詐欺目的の仮想通貨も存在します。ただ、真っ当な仮想通貨も存在していることは確かです。私はこれからの世界では紙幣の価値が下がって仮想通貨の価値が上がって、より生活に浸透していくと思っています。

三菱東京UFJ銀行が仮想通貨発行

現に、三菱東京UFJ銀行が仮想通貨「MUFGコイン」を発行することが正式に決まっています。おそらく今年中には利用ができるようになると思います。

三菱UFJ、29年度中に仮想通貨発行へ 一般向けに

こういったファイナンステクノロジーは今後もますます進んでいき、時代に波に上手く乗っていかないと大切な資金も失ってしまいます。「Bitcoin(ビットコイン)」の購入の仕方や採掘の方法は、下記の記事でご紹介していますのでご覧ください。

[関連記事]Bitcoin(ビットコイン)の採掘(マイニング)のやり方と購入方法

「Bitcoin(ビットコイン)」についてさらに詳しく知りたい方はコメントかお問い合わせください。

投資や海外に関することで気になることがございましたら、お気軽にコメント、お問い合わせください。

フィリピン不動産の購入・売却・賃貸、フィリピン移住、フィリピン投資、アジアの銀行口座開設方法、活用方法など、どんなご相談でも承ります。下記よりご連絡ください。

◇ご相談の申し込みはこちら◇

  • Mobile: None
  • Mail:None

関連記事はこちら


Comments

  1. 匿名 - 2017年1月11日 @ 4:22 PM

    これだけ詐欺事件等が横行する中で、Bitcoinの相場トレンドは上昇傾向にありますが、なぜでしょうか?

    Reply
    • 須藤順平 - 2017年1月11日 @ 4:48 PM

      匿名様
      コメントいただきありがとうございます。
      Bitcoinの相場トレントが上昇傾向にある理由は、現物通貨に対する信用がなくなってきているからだと思います。
      現在、Bitcoinの取引は中国人が約8割以上を占めています。
      それを裏付けるように、今年中国の自国通貨の人民元が反発して上昇した際には、Bitcoinは急落しています。
      中国と言えば偽札が出回っている事で有名で、富裕層の方たちは自国の通貨よりもBitcoinの方が信用できると感じているのではないでしょうか。
      今後はますます様々な国の現物通貨の信用が薄れてきて世界的に信頼できるBitcoinの価値が上昇していくと私は思います。
      須藤順平

      Reply

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

チャットでのお問合せ