フィリピンの主要銀行BDO、BPI、PNBなど一覧でご紹介します!

20代から世界の投資商品に目を向けて海外投資を始めている須藤順平です。

フィリピンで生活を考えている方に、とっておきの情報です。

フィリピンで生活や投資をする上で、必要になってくるのが銀行口座です。日々の生活費の支払いや、不動産賃貸収入の受け皿など、必ず必要になります。そこで本日はどんな銀行があるのか、写真付きで一つずつご紹介していきます。

フィリピン銀行一覧

「Banco De Oro Universal Bank(バンコデオロバンク)」

「Banco De Oro Universal Bank(バンコデオロバンク)」は、フィリピンの有力財閥の一つで、フィリピン最大級のコングロマリット「SMグループ」が所有する銀行です。

総資産額、貸出金額、顧客預金金額でフィリピン第1位の座を取っており、フィリピンで銀行口座を開設する時に、まず候補に上がる銀行の一つです。日本にも進出しているため、新宿に行けば見ることができます。

しかし、日本にある「Banco De Oro Universal Bank(バンコデオロバンク)」は、海外送金専門の業者として届け出を行っているため、銀行業務はできません。

「Bank of the Philippine Islands(バンク・オブ・ザ・フィリピン・アイランド)」

「Bank of the Philippine Islands(バンク・オブ・ザ・フィリピン・アイランド)」は、フィリピン最古かつ最大のコングロマリット「Ayala Corporation(アヤラコーポレーション)」の銀行です。フィリピンで一番最初に設立された銀行なので、歴史があり信用のできる銀行です。

日本にも進出しており、フィリピン人の方からもよく利用されている銀行の一つです。フィリピン国内のどこにでもATMがあるので、とても使い勝手は良いです。

「Metropolitan Bank & Trust company(メトロバンク)」

「Metropolitan Bank & Trust company(メトロバンク)」は、株式会社国際協力銀行(JBIC)、株式会社日本政策金融公庫(JFC)と提携をしており、フィリピンで事業を行う日本人に、資金的な支援を行っております。

「Metropolitan Bank & Trust company(メトロバンク)」も日本に進出しており、東京と大阪に支店を構えています。

「Philippine National Bank(フィリピンナショナルバンク)」

名前にナショナルがついている通り、国が設立した銀行です。しかし、現在は民営化されており「Lucio Tan(ルシオタン)」がオーナーになっております。「Lucio Tan(ルシオタン)」はフィリピン航空も運営している華僑系フィリピン人です。

「Philippine National Bank(フィリピンナショナルバンク)」も日本に進出しており、東京と愛知に支店を構えています。

「HSBC Philippines(エイチエスビーシーフィリピン)」

「HSBC(香港上海銀行)」は、世界的に有名な銀行で世界最大級のメガバンクです。本社はイギリスのロンドンに位置しています。

フィリピンにも進出しており個人、法人ともに営業活動を積極的に行っていますが、対象は富裕層の方が中心となっています。

今回は、フィリピン大手の銀行「Banco De Oro Universal Bank(バンコデオロバンク)」「Bank of the Philippine Islands(バンク・オブ・ザ・フィリピン・アイランド)」「Metropolitan Bank & Trust company(メトロバンク)」「Philippine National Bank(フィリピンナショナルバンク)」「HSBC Philippines(エイチエスビーシーフィリピン)」をご紹介させていただきました。次は、フィリピン中堅の銀行からローカル銀行までをご紹介させていただきますのでぜひ見てください。

投資や海外に関することで気になることがございましたら、お気軽にコメント、お問い合わせください。

フィリピン不動産の購入・売却・賃貸、フィリピン移住、フィリピン投資、アジアの銀行口座開設方法、活用方法など、どんなご相談でも承ります。下記よりご連絡ください。

◇ご相談の申し込みはこちら◇

関連記事はこちら


コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

チャットでのお問合せ