フィリピン不動産の購入方法

20160124_072832879_iOS-compressor

20代から世界の投資商品に目を向けて海外投資を始めている海外投資家です。

賢い資産運用をするために、今注目されているフィリピン不動産の買い方についてご紹介したいと思います。

フィリピン不動産投資の魅力

フィリピンでは、外国人が購入する際の最低購入価格等は定められていないため、より気軽に投資用や居住用としてコンドミニアムを購入することが可能です。また、そのコンドミニアムを所有し、人に貸し出すことによって家賃収入を安定的に得るという、日本でいうアパート経営のような使用方法も可能であるのが不動産の投資の魅力です。

プレビルド販売とは

最初に、日本ではあまりなじみがない言葉かもしれませんが、不動産を購入するにあたって、新興国の多くが「プレビルト販売」といった販売方法をとっております。

これは、新興国では一般的に行われている事業手法であり、コンドミニアム分譲のデベロッパー、いわゆる事業主が建設許可取得後において工事着手前から販売を始めるものをいいます。こちらの写真は工事着工前の状態でして、こういった状態で売りに出されます。

20160216_075157212_iOS-compressor

プレビルド販売の特徴

プレビルト販売の特徴といたしましては、販売開始時においては価格設定がディスカウントされる傾向にあり、販売が進捗し工事の完成が近づくにつれて販売価格が上昇して行くといったようなものであります。このような販売方法ゆえ、新規販売時と最終販売時の価格差が倍以上になるケースが生じています。

日本では、このような販売方法ではないので、なかなかイメージしづらいとは思われますが、販売開始時には物件は完成しておらず、販売とともに物件を建設していくというやり方は新興国では一般的です。

プレビルド販売のリスク

完成前となるとやはり多少なりともリスクがあると感じるかと思います。確かに資金力や信用度が乏しいデベロッパーでは資金繰りが上手く行かず、途中で工事が中断してしまう恐れがあることも否めません。

それゆえ、資金力や信頼のおけるデベロッパーを選ばなくてはならないということがポイントとなってきます。私がおすすめするフィリピンのデベロッパーは以前のブログでも紹介しています(AyalaLand(アヤラランド)」です。

◇アヤラコーポレーションについて詳しく話します◇

アヤラランドのビジネス

「AyalaLand(アヤラランド」)はフィリピン最大手のデベロッパーであり、幹線道路を軸に、駅、ターミナル、巨大ショッピングモール、美術館などを備え、駅や通りの名称も「Ayala(アヤラ)」という完全に計画された「Makati(マカティ)」という街をつくっている巨大企業であるからです。

P_20151211_110804-compressor

また不動産は勿論のこと、銀行、水道、警備会社、建設会社などアヤラグループのビジネスは多岐に渡ります。フィリピンでAyalaLand(アヤラランド)がデベロッパーとして安心だと言われているのは、このような巨大資本を持ち、企業の信頼性と将来性が高いからであるというところが大きいのです。

セミナーではさらに詳しい内容を話していますのでご興味のある方はぜひ来てみてください!

「フィリピン不動産の購入方法」についてさらに詳しく知りたい方はコメントかお問い合わせください。

投資や海外に関することで気になることがございましたら、お気軽にコメント、お問い合わせください。

フィリピン不動産の購入・売却・賃貸、フィリピン移住、フィリピン投資、アジアの銀行口座開設方法、活用方法など、どんなご相談でも承ります。下記よりご連絡ください。

◇ご相談の申し込みはこちら◇

  • Mobile: None
  • Mail:None

関連記事はこちら


コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

チャットでのお問合せ