フィリピン進出している有名な日本レストラン10選をご紹介

20代から世界の投資商品に目を向けて海外投資を始めている須藤順平です。

海外に出ると問題になるのが、食生活ですよね。いくらその国の料理に慣れても、やはり日本人の方は日本料理が恋しくなるものです。

そこで今回は、これからフィリピンで暮らし始める方のために、フィリピンに進出している日本の有名レストランを10選ご紹介していきたいと思います。

日本レストラン10選

吉野屋(YOSHINOYA)

日本を代表するファストフード店「吉野屋(YOSHINOYA)」がフィリピンに進出しています。フィリピンの「吉野屋(YOSHINOYA)」では、牛丼だけではなくかつ丼やうどん、天丼なども取り扱っています。

値段は日本よりも安く、牛丼の並盛で90ペソ(日本円で205円)からです。味は、日本の方が美味しいですが、フィリピンのもなかなかいけます。

UCC

「UCC」は、日本では缶コーヒーや上島珈琲のイメージが強く、「UCC」単体でのレストランはあまり見かけませんが、フィリピンではよく見かけます。

メニューは、パスタやステーキなど結構ガッツリ系を取り揃えています。もちろん、「UCC」のコーヒーもおすすめ商品で、店頭ではインスタントコーヒーやコーヒー豆が販売されています。

やよい軒(YAYOI)

日本の駅近にはどこにでもあるフランチャイズレストラン「やよい軒(YAYOI)」も、昨年の2016年にフィリピンに進出しました。

日本米やみそ汁付きの様々な定食がありますので、日本人の方にとってとても落ち着ける空間です。場所は、「Mandaluyong City(マンダルヨンシティ)」の「SM MEGAMALL(SMメガモール)」なので、ぜひ行ってみてください。

[関連記事]フィリピン最大級のショッピングモール「SM MEGA MALL(SMメガモール)」

鳥一(TORI ICHI)

焼き鳥専門居酒屋「鳥一(TORI ICHI)」は、格別に素材をおいしく焼き上げると言われている備長炭で、丁寧に焼き上げた焼き鳥を提供してくれます。

日本では関西を中心に出店していますが、最近では海外出店にも力を入れ始めており、フィリピンにも3店構えております。日本酒や焼酎も取り扱っていますので、まさに日本の居酒屋です。



うな吉(UNAKICHI)

フィリピンには、鰻を取り扱っているお店は今までもありましたが、「うな吉(UNAKICHI)」は、日本と同じ最高クオリティの鰻料理を食べることができます。

鰻はフィリピンの鰻を使っていますが、クオリティは最高です。お米は日本のブランド米「コシヒカリ」を使っています。日本人街「リトル東京(Little Tokyo)」に一店舗しかありませんので「Makati City(マカティシティ)」に来た際にはぜひ。

[関連記事]マカティにオープンしたうな吉にお邪魔してきました。

名代 富士そば(NADAI FUJISOBA)

「名代 富士そば(NADAI FUJISOBA)」は、東京都内を中心に首都圏で立ち食いそばを提供しているうどんチェーン店です。

フィリピンでは立ち食いではなく、普通のレストランのように座って食べる形式です。いつもフィリピン人のお客さんでいっぱいで、行列ができるほどの人気を誇っています。ただ、日本人の方にとっては少し味が薄く感じるかもしれません。

ココ壱番屋(CoCoICHIBANYA)

「ココ壱番屋(CoCoICHIBANYA)」は、昔から世界展開に積極的で、2013年にはカレーチェーンの店舗数でギネス世界一に認定されています。

日本では、辛さを一辛足すごとに20円掛かりますが、フィリピンでは辛さをいくら足してもプラス料金は掛かりませんでした。日本で毎回辛さを足してお金が掛かっている方は、フィリピンに移住したほうが良いですよ。

大阪王将(OSAKA OHSHO)

餃子を売りにした中華料理チェーンの「大阪王将(OSAKA OHSHO)」は、中華系の料理が好きなフィリピン人の方にも大人気です。

フィリピンでは、まだ2店舗しか展開していません。こちらも「Mandaluyong City(マンダルヨンシティ)」の「SM MEGAMALL(SMメガモール)」にあります。

和民(Watami)

日本の居酒屋チェーンといえば「和民(Watami)」ですよね。「和民」が海外に進出する際には、日本食レストラン世界ナンバー1ブランドとして確立させるために、その国の有力な会社とビジネスパートナーを組みます

フィリピンでは、様々なレストランをフィリピンにて展開する「Bistro Group」と組んて進出をしています。



牛角(Gyu-Kaku)

日本の焼肉店といえば「牛角(Gyu-Kaku)」を知らない人はいないですよね。日本では、リーズナブルな値段で美味しい焼肉が食べれて人気を博していますが、フィリピンでは高級店です。

構えている場所も「Bonifacio Global City(ボニファシオグローバルシティ)」や「Shangri-La Plaza(シャングリラプラザ)」など高級エリアで、狙っているターゲットが富裕層です。

[関連記事]フィリピンのオルティガスセンター内にある「Shangri-La Plaza(シャングリラプラザ)」に行ってみた

日本レストランが多い理由

フィリピンは日本から近いこともあり、たくさんの日本人の方が駐在員として働いています。日本人街「リトル東京(Little Tokyo)」に行けば、そのことを実感することができると思います。

また、フィリピン人の方にも日本食はとても人気で、日本人以外の方からも日本食は需要があります。

フィリピンに行くのを躊躇っている理由が、食事だという方はどうかご安心ください。今回、ご紹介したレストラン以外にも日本食レストランはあります。下記の記事では、フィリピンに進出しているラーメン屋5選、フィリピン進出している有名な日本レストラン10選をご紹介しています。

フィリピン進出している日本の有名ラーメン店5選をご紹介

フィリピン料理のおすすめ10選、ビール3選をご紹介



投資や海外に関することで気になることがございましたら、お気軽にコメント、お問い合わせください。

フィリピン不動産の購入・売却・賃貸、フィリピン移住、フィリピン投資、アジアの銀行口座開設方法、活用方法など、どんなご相談でも承ります。下記よりご連絡ください。

◇ご相談の申し込みはこちら◇

  • Mobile: None
  • Mail:None

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

チャットでのお問合せ