中国の高金利商品「余額宝(ユエバオ)」は保有しているだけで金利○%!?

20代から世界の投資商品に目を向けて海外投資を始めている須藤順平です。

日本のお隣の国「中国」では、インターネットの技術革新が進み、今までになかった新しい金融商品がたくさん生み出されています。

2017年3月に中国の深センに行って見つけてきた、中国の高金利商品「余額宝(ユエバオ)」についてご紹介したいと思います。

アリババって知ってますか?

中国の高金利商品「余額宝(ユエバオ)」の紹介をする前に、「阿里巴巴集団(アリババグループホールディング)」の紹介を始めにしたいと思います。

「阿里巴巴(アリババ)」は、アジア最大の消費者向け電子商取引「淘宝網(タオバオ)」や、「中国Yahoo」(2013年9月1日に閉鎖)のサービスを行っている企業です。また、ソフトバンクが株式の32.59%を出資しており、2014年に米ニューヨーク証券取引所に上場した際に、多額の売却益を得ています。

ソフトバンクは「阿里巴巴(アリババ)」に20億円を出資しており、価値は4000倍近く膨れ上がって、約8兆円の含み益を出しました。

中国では現金を持ち歩かない!?

中国では、「阿里巴巴(アリババ)」の「淘宝網(タオバオ)」や「騰訊(テンセント)」の「京東(ジンドン)」といったECサイトが充実しているため、わざわざ店舗に足を運んで商品を購入する人は少ないです。

また、店舗で購入する際にも現金を使わず、電子決済で購入する方がほとんどです。そのため、中国人の方はほとんど現金を持ち歩いていません。

現在、中国で主流の電子決済方法は、「阿里巴巴(アリババ)」の「支付宝(アリペイ)」と「騰訊(テンセント)」の「微信支付(ウィーチャットペイ)」です。

持っているだけで高金利が付く?

中国で主流の電子決済方法「支付宝(アリペイ)」のサービスの中に、今回ご紹介する中国の高金利商品「余額宝(ユエバオ)」があります。

「余額宝(ユエバオ)」は、電子決済「支付宝(アリペイ)」にチャージをするだけで、金利が付くというサービスです。金利は、2017年5月15日の段階で4.0180%です。それほど高くないと思いましたか?

世界の金融商品に比べればそれほど高くはありませんが、日本の金融商品の比べればまぁ高い方だと思います。

しかし、この商品の良いところは、金利の高さだけではなく自由の高さにあります。最小投資額は1元(日本円で約16円)からで、一般的な金融商品のように年数の縛りがなく、いつでも引き下ろすことができます。いわば普通の銀行預金のようなものです。

「余額宝(ユエバオ)」のMMF運用率は、世界第一位

「余額宝(ユエバオ)」のような自由度の高い金融商品であれば、人気が出て当然ですよね。現時点で、「余額宝(ユエバオ)」が「MMF(マネーマーケットファンド)」投資をしている運用額は、1,655億米ドル(日本円で18兆7,743億円)です。

この投資額は、JPモルガンの米連邦政府「MMF(マネーマーケットファンド)」を超えての世界第一位です。

今後は、銀行のような古い考えのところではなく、「FinTech(フィンテック)」を駆使したサイバー企業が金融マーケットを支配していくことになるでしょう。

「余額宝(ユエバオ)」に参入したい方!

今回、ご紹介した「余額宝(ユエバオ)」を使って資金を増やしたいという方がいるかとは思いますが、残念ながら日本人の方ではできません。というのも「余額宝(ユエバオ)」は、中国のパスポートを持っている方限定の金融サービスですので、日本人はもちろん外国人の方では、参入できないサービスなのです。

ですが、がっかりすることはありません。「余額宝(ユエバオ)」以外にも銀行預金より高い金利で運用する方法はあります。

もし、銀行の普通預金や定期預金で死んだお金にしてしまっている方がいましたら、ぜひご連絡ください。投資の世界は甘くはありませんが、あなたの大切な資産を増やすためには必要なことです。



投資や海外に関することで気になることがございましたら、お気軽にコメント、お問い合わせください。

フィリピン不動産の購入・売却・賃貸、フィリピン移住、フィリピン投資、アジアの銀行口座開設方法、活用方法など、どんなご相談でも承ります。下記よりご連絡ください。

◇ご相談の申し込みはこちら◇


コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

チャットでのお問合せ