ホリエモンが11億集めた新しい資金調達「VALU(バリュー)」っていったい何?

20代から世界の投資商品に目を向けて海外投資を始めている須藤順平です。

自分の価値を会社の株式に見立てて、資金を集める新しい資金調達の方法「VALU(バリュー)」についてご紹介したいと思います。

フィンテックを使った新しい資金調達

このブログでも何度も紹介していますが、「Fintech(フィンテック)」を駆使した資産運用方法は、次々に世に出てきています。怪しいものもありますが、もちろん健全なものもあります。自分で試してみないと大丈夫かどうかはわかりません。

そこで今回、私が注目したのが、自分の価値を会社の株式に見立てて、資金を集める新しい資金調達の方法「VALU(バリュー)」です。

おそらく、ほとんどの方が知らないのではないのかと思います。それもそのはず、「VALU(バリュー)」は、2017年5月31日にリリースを開始したばかりの新しいサービスなので、常に投資情報に目を光らせている人でないと知らないサービスです。



VALUってなに?

それでは、「VALU(バリュー)」とは一体どんなサービスなのでしょうか。通常、企業などが事業資金を集めるためには、会社の株式を発行して、株主から資金を調達するのが一般的です。しかし、個人では株式を発行することはできません。個人が資金を集めるには、銀行から借り入れをするしかありませんでした。

そこで生まれたのが、「VALU(バリュー)」と呼ばれる個人の為の新しい資金調達方法です。個人が「VALU(バリュー)」と呼ばれる模擬株式を発行することができるのです。



どうやってVALUの価値が決まる?

企業が発行する株の価値は、その企業の業績やマーケットにおける需要と供給のバランスによって決まります。注目度が高ければ、その分株価は上がり、低ければ、その分価値は下がります。

しかし、「VALU(バリュー)」は企業ではなく個人に対しての価値です。そこで判断材料となるのが、自分のSNS(Facebook、Twitter、Instagram)の友達数やフォロワー数などの情報から「VALU(バリュー)」の時価総額が算出されます。

その後の「VALU(バリュー)」の価格は、株価と同じくマーケットにおける需要と供給のバランスで決まります。

ホリエモンが11億集めた

「VALU(バリュー)」のサービスが始まって以降、お金の匂いに敏感な人はいち早く参入して来ています。現在、「VALU(バリュー)」の時価総額が一番高いのは、ホリエモンこと堀江貴文さんです。

なんと時価総額は4000ビットコイン、2017年7月6日現在の日本円に換算すると、約11億7438万円です。詳しくは下記をご覧ください。

ホリエモンこと堀江貴文の「VALU(バリュー)」

売買はビットコインでしかできない

時価総額を「ビットコイン(Bitcoin)」で表しましたが、実は「VALU(バリュー)」の取引には「ビットコイン(Bitcoin)」を使う必要があります。現金でもクレジットカードでも取引には使用することができません。

金融庁が決めている法律上の問題からこのような仕組みが取られているそうです。さらに「VALU(バリュー)」内では、「ビットコイン(Bitcoin)」の交換ができません。

わざわざ外部のCoincheckなどの取引所で、「ビットコイン(Bitcoin)」を手に入れる必要があります。この仕組みを取り入れることによって、仮想通貨法(改正資金決済法)で定められている、金融庁・財務局の登録を受けた事業者でなくても「ビットコイン(Bitcoin)」を扱えることになります。

VALUERになるとなんのメリットが?

「VALU(バリュー)」を保有している人の事を、株主ではなく「VALUER」と言います。「VALUER」になると、その人のタイムラインや、限定公開コンテンツが見えるようになります。

また、「優待」は、「VALU(バリュー)」ごとに自由につくれるインセンティブなので、個人ごとによって内容も様々です。株主優待ならぬバリュー優待です。

ちなみに、堀江貴文さんのバリュー優待は、「道端で出会った時に、握手とかツーショット写真とかサインをします」だそうです。あまり魅力的ではないと思うんですが、時価総額一位だから、人気なんでしょうか。



VALUの可能性は無限大

「VALU(バリュー)」は、始まったばかりのサービスですが、可能性は無限大にあると思います。「Fintech(フィンテック)」を代表した新しい資金調達の方法です。

「VALU(バリュー)」を始めるには、まず「ビットコイン(Bitcoin)」の購入から始める必要があります。「Fintech(フィンテック)」は、パソコンが使えない方には難しいかもしれませんが、まずは、やってみることが早いです。

もし、「Fintech(フィンテック)」にご興味がありましたらご連絡ください。

あなたの価値をVALUでシェア「VALU(バリュー)」

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所「Coincheck(コインチェック)」

投資や海外に関することで気になることがございましたら、お気軽にコメント、お問い合わせください。

フィリピン不動産の購入・売却・賃貸、フィリピン移住、フィリピン投資、アジアの銀行口座開設方法、活用方法など、どんなご相談でも承ります。下記よりご連絡ください。

◇ご相談の申し込みはこちら◇


コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

チャットでのお問合せ