フィリピンの洗礼式に参加してきました

20代から世界の投資商品に目を向けて海外投資を始めている海外投資家です。

フィリピンでは、赤ちゃんが生まれたら「洗礼式」という式を行います。今回、スタッフVickyの赤ちゃんが生まれたので、「洗礼式」に参加してきました。

洗礼式とは

無宗教が多い日本人には、「洗礼式」と言われてもなんのことだかわからないと思いますが、キリスト教の方ならわかると思います。「洗礼式」とは、キリスト教の入信に際して行われる儀式の事を言います。

儀式といってもそんなに難しいことではなく、赤ちゃんの頭部に聖水を注ぐだけです。しかし、この儀式がフィリピン人の方にとってはとても重要なことなのです。

「洗礼式」を終えると、「洗礼証明書」というものが教会から貰えます。この「洗礼証明書」が、身分証明書の代わりになるからです。フィリピンではこの「洗礼証明書」が一生重視されます。それほど重要な事です。



洗礼式は一大行事

フィリピン人にとって「洗礼式」を行う事がいかに大切な事かわかっていただけたと思います。そして「洗礼式」は、大々的に行われます。両親はもちろん、祖父母、兄妹、親戚、仕事の同僚、友人などたくさんの知人を招待します。

そして今回、仕事の同僚である私も誘っていただき、初めての「洗礼式」にお邪魔させていただくことができました。

しかし、教会に行くのも数数えるほどしかない私ですが、そんな一大行事に参加して、迷惑にならないかと心配でしたが、そんな事は無用でした。「洗礼式」の流れはいたってシンプルです。

洗礼式の流れ

洗礼式は、もちろん教会の中で行われます。そして赤ちゃんをみんなで囲み、神父さんが有り難い言葉を唱えてくれます。その間、私たちはロウソクを持って立っています。その後、赤ちゃんの頭に聖水を掛けて、儀式は終わりです。

「洗礼式」が終われば、赤ちゃんのキリスト入信が終わります。儀式が終わった後は、みんなで記念撮影を撮って終わりです。

洗礼式の後はパーティー

教会での「洗礼式」の後は、みんなでお祝いのパーティーを行います。通常、自宅かレストランを借りて盛大に行います。今回は、「Vicky」の自宅でパーティーを行いました。

豪華な食事とお酒で、赤ちゃんをお祝いします。といっても、赤ちゃんは食べれませんので、私たちだけで盛り上がります。食事の後は、カラオケです。この流れは日本と同じなのですが、驚くべきことは、カラオケの場所です。

日本ならみんなで食事の後は、カラオケボックスに移動して歌を歌いますよね。しかし、フィリピンは違います。なんと、カラオケの機材をデリバリーしちゃいます。

パーティーは自宅の前で行われたのですが、カラオケも自宅の前で行います。野外ライブみたいな状態です。ただ、カラオケの曲の種類も最新の曲まで揃っており、なかなかのクオリティです。しかも、料金は6時間で600ペソ(1300円)です。

おめでとう!

今回、フィリピンで初めて「洗礼式」に参加させていただきましたが、とても貴重な経験をすることができました。私が日本だけで生活をしていれば、一生体験することができなかったことでしょう。

赤ちゃんを大切にするのはどこの国も同じですが、その国によって行う行事が違うことを自分の肌で感じることができました。

仲間の家族が増えて、とても嬉しく思います。改めておめでとうVicky!

投資や海外に関することで気になることがございましたら、お気軽にコメント、お問い合わせください。

フィリピン不動産の購入・売却・賃貸、フィリピン移住、フィリピン投資、アジアの銀行口座開設方法、活用方法など、どんなご相談でも承ります。下記よりご連絡ください。

◇ご相談の申し込みはこちら◇

  • Mobile: None
  • Mail:None

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

チャットでのお問合せ