ウラジオストクのマリンスキー劇場・沿海州劇場でオペラを鑑賞

20代から世界の投資商品に目を向けて海外投資を始めている須藤順平です。

極東ロシア「ウラジオストク」には観光地がたくさんあるのですが、一番有名なのは「マリンスキー劇場・沿海州劇場(PRIMORSKY STAGE OF THE MARIINSKY THEATRE)」です。

「ウラジオストク」に訪れる方のほとんどが、「マリンスキー劇場・沿海州劇場(PRIMORSKY STAGE OF THE MARIINSKY THEATRE)」を鑑賞する為に訪れているといっても過言ではないくらい人気の場所です。

マリンスキー劇場・沿海州劇場

キーロフバレエの聖地、ロシアの「サンクトペテルブルク」にあるオペラとバレエ専用の劇場「マリインスキー劇場」が、2016年01月01日に「ウラジオストク」に進出しました。「サンクトペテルブルク」の「マリインスキー劇場」のバレエ団は、世界五大バレエ団の一つで最高峰とも言われています。

それが、「マリンスキー劇場・沿海州劇場(PRIMORSKY STAGE OF THE MARIINSKY THEATRE)」です。日本からわずか二時間半の距離に、ロシアの「バレエ、オペラ、コンサート」を楽しむことができる劇場があるのです。

ヴェルディ中期の傑作「リゴレット」

今回私が鑑賞したオペラは、19世紀を代表するイタリアのロマン派音楽の作曲家「ジュゼッペ・ヴェルディ(Giuseppe Fortunino Francesco )」が作曲した全3幕からなるオペラ「リゴレット(Rigoletto)」です。

日本でも公演されている為、知っている方も多いかと思います。私は当公演が初めてのオペラ鑑賞だったのですが、とても良かったです。

言語はロシア語だったのですが、英語の字幕があったのでなんとか理解することもできます。オペラ歌手の歌声に、終始圧倒されながらの鑑賞となりました。私もあんな風に歌ってみたいなと思ったりもしました。

ウェブサイトでのチケット購入方法

「マリンスキー劇場・沿海州劇場(PRIMORSKY STAGE OF THE MARIINSKY THEATRE)」の公演チケットは、ウェブサイトから購入することができます。席も予め指定できるので、良い席を確保できます。私もウェブサイトで予約して、ど真ん中の席を確保しました。

1.会員登録

ウェブサイトは英語とロシア語しか対応していませんが、操作はそんなに難しくありません。まずはチケットを購入する前に会員登録を行います。会員登録にはパスワードどメールアドレスが必要です。

2.観たい作品を選択

会員登録が住んだら、ログイン画面から自分の観たい作品を選択しましょう。日によって作品が異なりますので、日程と合わせて選択するようにしてください。

3.席の選択

観たい作品が決まったら「But Ticket」というボタンをクリックして席の選択画面にいきます。マウスを当てると席の料金がわかります。一番良い席でも3,000ルーブル(日本円で5,700円)、安い席なら150ルーブル(日本円で290円)とリーズナブルです。

希望の席が見つかったら席をクリックして赤くなったら「add to basket」をクリックします。

4.席の確認

バスケットに移動したら「Full rate」と「Special rate*」の二種類がありますが、日本人の方は「Full rate」を選択してください。「Special rate*」の方が安いですが、これはロシア人専用のプライスです。

「Full rate」を選択して「Complete purchars」をクリックすると支払い画面に進みます。

5.支払い

観たい作品と席が決まったら支払いをします。支払い方法は、クレジットカード、ウェブマネー、ヤンデックスマネー、QIWIから選択します。席を決めたら50分以内に決済を行わないと無効になってしまうのでお気を付けください。

5.完了

決済が完了すれば、メールでチケットが送られてきます。メールに添付されているチケットを「マリンスキー劇場・沿海州劇場(PRIMORSKY STAGE OF THE MARIINSKY THEATRE)」の受付で見せれば中に入れます。

マリンスキー劇場・沿海州劇場公式サイト



マリンスキー劇場・沿海州劇場の地図

「ウラジオストク駅」から「マリンスキー劇場・沿海州劇場(PRIMORSKY STAGE OF THE MARIINSKY THEATRE)」までは、タクシーで約15分ほどです。

「ウラジオストク駅」から「マリンスキー劇場・沿海州劇場(PRIMORSKY STAGE OF THE MARIINSKY THEATRE)」に向かう途中には、実際に潜水艦の中に入って見学ができる「潜水博物館」、地元の人達によるマーケットが開かれる「中央広場」などもありますので、歩いていくのも楽しいです。

鷲の巣展望台

「ウラジオストク駅」から「マリンスキー劇場・沿海州劇場(PRIMORSKY STAGE OF THE MARIINSKY THEATRE)」に向かうには橋を渡ってくるのですが、橋の反対側には「鷲の巣展望台」という展望台があります。

「鷲の巣展望台」は、「ウラジオストク」の街を一望できる有名な観光地です。昼間に訪れるのも良いですが、夜の景色の方が綺麗なのでおすすめです。

投資や海外に関することで気になることがございましたら、お気軽にコメント、お問い合わせください。

フィリピン不動産の購入・売却・賃貸、フィリピン移住、フィリピン投資、アジアの銀行口座開設方法、活用方法など、どんなご相談でも承ります。下記よりご連絡ください。

◇ご相談の申し込みはこちら◇


コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

チャットでのお問合せ