金融資産を一括管理してくれる便利アプリ「マネーフォワード」の使い方

20代から世界の投資商品に目を向けて海外投資を始めている海外投資家です。

あなたは銀行口座をいくつ持っていますでしょうか?また、投資をしている方は証券口座をいくつ持っていますか?ご自身が保有されている金融資産を把握することが出来ていますでしょうか。

用途によって銀行口座を分けていますか?

銀行口座なんて一つあれば十分という人や、何個かを使い分けている方がいますが、あなたはいくつ持っていますでしょうか?

私は三つの銀行を使い分けています。振込用の口座、投資用の口座、普段使い用の口座の三つです。他にも、給与受取用口、生活費が引かれる口座、貯蓄用の口座などが一般的でしょうか。中には秘密口座なんてものも持っている方もいるかもしれませんね。



複数の銀行や証券を使う三つのメリット

金融資産は全て一つの口座で管理されている方もいるかとは思いますが、私は複数の口座を使い分けることをおすすめします。口座を複数に分けることによって得られる三つのメリットをご紹介します。

❶無駄な出費を抑えることが出来る

貯蓄用の口座と生活費用の口座を分けていれば、無駄な出費を抑えることが出来ます。全て同じ口座で管理してしまうと、どこまでが使えるお金で、どこまでが貯蓄用のお金なのかの判断が難しくなります。

貯蓄用の口座を持っておいて、定期預金などで設定をしておけば、簡単に引き出すことが出来ないので、お金の管理がしやすくなります。

❷緊急の際のリスクヘッジになる

キャッシュカードを紛失や盗難にあった際に、一つの口座に資金を全て入れておくと、最悪の場合、全て持ってかれてしまいます。しかし、複数の口座に分けていれば、常に持ち歩くのは生活費用の口座だけなので、貯蓄用の口座は、家に保管しておけば安全です。

❸ペイオフ対策になる

ペイオフとは、銀行が破綻した時に、預金者に対して預け入れをしていた分のお金が、支払われるという保険の制度なのですが、支払われるのが一つの銀行に対して1,000万円までというルールがあります。つまり一つの銀行で2,000万保有していれば、破たんした時に1,000万円しか戻ってこないということです。

しかし、この時に二つの銀行に分けて、それぞれ1,000万円ずつ保有していれば、どちらの銀行が潰れても2,000万円全額戻ってきます。

複数の銀行や証券を使うデメリット

口座の管理が手間

銀行口座を複数に分けるメリットをご紹介しましたが、もちろんデメリットもあります。口座を複数に分けることによってのデメリットは、口座の残高などの管理が手間になるということです。

現在、複数の銀行口座を利用されている方は、どこの銀行にいくら入っているか正確に覚えていますでしょうか?

おそらくほとんどの方が、正確に答えることが出来ないと思います。銀行口座が二つぐらいならまだ答えることはできるかもしれませんが、三つ、四つ、さらには証券会社の口座まで持っている方は、難しいですよね。

しかし、私は上記のデメリットよりも、先ほど上げた三つのメリットを活用する方が賢い選択だと思います。私は複数の銀行や証券口座を持っていますが、各口座の残高を全て一円単位で言うことが出来ます。銀行や証券会社だけではなく、マイルやポイントなど全てを把握しています。

口座管理アプリ「マネーフォワード」

しかし、私の記憶力が良いというわけではありません。スマホに入っているアプリを使って複数の口座を管理しているのです。

アプリの名前は、「マネーフォワード」と言って、資産管理をしてくれるアプリです。各口座の残高や残高推移などを簡単に確認することが出来ます。また、クレジットカードの登録もできますので、毎月の使用した記録を全て閲覧することも出来ます。



マネーフォワード会員登録方法」

まずは、「マネーフォワード」をお使いのスマホにダウンロードしてください。ダウンロードや会員登録は無料なので安心してください。

銀行編

❶銀行口座情報の登録

会員登録が終わったら、お持ちの銀行情報を登録する必要があります。登録する際には、各銀行のインターネットバンキングアカウントが必要ですので、予め登録しておいてください。

アプリのトップから「口座を追加」というボタンを押して、登録したい銀行名を選択します。その際に、ユーザーIDとログインパスワードが必要になります。入力をして「連携する」ボタンを押せば、銀行とアプリ間の連携が始まります。

❷完了

銀行とアプリ間の連携が終了すれば、アカウント一覧にあなたの銀行の残高が反映されています。これで銀行の登録は完了です。

クレジットカード編

❶クレジットカード情報の登録

会員登録が終わったら、お持ちのクレジットカード情報を登録する必要があります。クレジットカード登録の際に、ユーザーIDとパスワードを決めていると思いますので、それを使用いたします。

アプリのトップから「口座を追加」というボタンを押して、登録したいクレジットカードを選択します。選択してユーザーIDとパスワードを入力して「連携する」ボタンを押せば、クレジットカード会社とアプリ間の連携が始まります。

❷完了

クレジットカード会社とアプリ間の連携が終了すれば、アカウント一覧にあなたのクレジットカードの請求金額が反映されています。これでクレジットカード会社の登録は完了です。

毎週、土曜日に収支報告

上記のやり方と同様の方法で、証券会社やFX会社、マイルやポイントなども登録することが出来ます。さらに、残高を確認するだけでなく、銀行の入金や出金がある度に通知をしてくれる機能も付いています。クレジットカードを利用する度に、どこで購入したかを通知してくれます。

そして、毎週土曜日には、一週間の全口座の収支報告をメールで送ってきてくれます。とても便利な全自動家計簿アプリです。

「マネーフォワード」を使う事によって、あなたの資産を簡単に管理することが可能になります。セキュリティも徹底していますので、安心・安全です。お金を増やすことを考えるよりも、まずは自分の資産管理から始めてみてはいかがですか。

投資や海外に関することで気になることがございましたら、お気軽にコメント、お問い合わせください。

フィリピン不動産の購入・売却・賃貸、フィリピン移住、フィリピン投資、アジアの銀行口座開設方法、活用方法など、どんなご相談でも承ります。下記よりご連絡ください。

◇ご相談の申し込みはこちら◇

  • Mobile: None
  • Mail:None

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

チャットでのお問合せ