【ノアの箱舟に乗る?乗らない?】ノアコインについて徹底解剖

20代から世界の投資商品に目を向けて海外投資を始めている須藤順平です。

「エイダコイン」に続く可能性がある新規ICO案件、「ノアコイン」について徹底解剖いたします。当記事を見れば、「ノアコイン」が欲しくなってしまいますよ。

プレセール限定の初年度20%利息

「ノアコイン」が注目されているのは、上場した時に得られる利益が億単位かもしれないということが一番の理由です。たしかに、「エイダコイン」の例を見れば、億単位の利益も夢ではないかもしれません。

しかし、それはあくまでも不確定なものであり、上場時に利益を得られない可能性もあります。億単位の利益が得られるというのは、願望でしかありません。それは、投資とはいわず投機と言います。

「ノアコイン」に投資をしているという方の狙いは、年利20%もの配当が付くということです。しかも、この配当金はプレセール時に購入した方にしか付きません。上場してからの購入では、配当金をもらう資格がないのです。

翌年からの配当率に関しては、毎年0.86倍になり、指数関数的に減少していきます。2年目では17.20%、3年目で14.79%、4年目で12.72%、40年目には0.06%の配当率です。40年間後まで利息がもらえるのは、投資家にとって最高の投資対象です。



日本ペイ、SCIと業務提携

「ノアコイン」を日本で使えるようにするために、「NIPPON PAY」という決済サービスの会社と提携して開発に取り組んでいます。キャッシュレス化が進む中国人の為に、日本でもキャッシュレス化を進めている企業です。

また、フィリピン側では「SCI」というフィリピン最大のフィンテックサービス企業と提携をして開発に取り組んでいます。フィリピンでビットコインを購入している方は聞いたことがある会社ではないでしょうか。

日本側では「NIPPON PAY」から「ノアコイン」を購入して、フィリピン側では「SCI」のウォレットで受け取るという形になります。仮想通貨の取引所を開設する必要がないので、日本在住のフィリピン人でも利用しやすいです。

ノアシティは海の上に建設

「ノアコイン」を使える街「ノアシティ」の建設をするということで、様々な場所が検討されてきましたが、最終的にはパサイシティにあるアジア最大のショッピングモール「モールオブアジア」の目の前に建設されることになったそうです。

フィリピンに来たことがある方ならわかると思いますが、「モールオブアジア」の目の前には海しかありません。ではどこに建設するのか。実は、海の上に埋立地として建設が予定されているのです。まるでお台場のようですね。

といっても、当プロジェクトは「ノアシティ」の為に建設されるわけではなく、フィリピンと中国が協力して着手した都市再生事業「マニラベイパールプロジェクト(Manila Bay City of Pearl Project)」がメインです。

既に建設済みのノアリゾート

「ノアシティ」に続いて話題となっているのが、「ノアコイン」を使うことができるというリゾート島「ノアリゾート」です。といっても、元々あるリゾート「ダカークパークビーチリゾート(Dakak Park Beach Resort)」を使わせてもらっているだけです。

「ノアリゾート」のホテルやレストランでは、「ノアコイン」を使うことが出来るそうです。「ノアリゾート」は既に完成しているので、興味があれば行ってみてください。

引用元:ダカークパークビーチリゾート公式サイト

フォーブス、エコノミストに掲載

「ノアコイン」の信憑性を高めることになったのが、世界でも有名な経済雑誌「フォーブス」や「エコノミスト」に掲載されたことです。注目されているのが日本だけでなく、世界でもされているということを証明することになりました。

本文の中では「ノアコイン」ではなく、「Noah Ark Coin(ノアアークコイン)」と説明されていますが、同一のコインです。

引用元:エコノミストPDF

引用元:フォーブスPDF

ホワイトペーパー公開

仮想通貨の「ICO」が行われるときに、開発企業が投資家に向けて公開するドキュメントの事を「ホワイトペーパー」と言います。投資家はこの「ホワイトペーパー」を読んで、投資対象に向いているかを見極めます。

「ノアコイン」の「ホワイトペーパー」も公開されていますが、プレセールが終わった後に公開されました。全て英語で書かれているので、わかりづかいかもしれませんが、読んでおくことをお勧めします。

下記に「ノアコイン」の「ホワイトペーパー」のリンクを張っておきますので、既に購入されている方はご覧になっておいてください。上場した後に購入を考えている方も勉強として読んでおくとよいと思います。

引用元:ノアコイン公式サイト

上場はフィリピン独立記念日

当記事を読んでいただいて、「ノアコイン」が良いなって思っていただいた方には申し訳ないのですが、実は「ノアコイン」のプレセールは既に終了しています。次に購入できるのは、上場予定の2018年06月12日です。

2018年06月12日はフィリピンの独立記念日で、フィリピン人にとっても大切な日です。この日が日本人にとっても良い日になるか、それとも最悪な日になるか。

私は「ノアコイン」を購入していないのですが、本物であってほしいです。というのも、「ノアコイン」のおかげで、これまでよりも日本人からのフィリピンに対する興味が増えてきているので、経済発展にも良い影響を与えてくれると思うからです。

ノアコインは詐欺?本物?

「ノアコイン」についてご説明させていただきましたが、詐欺だと思いますでしょうか?今回ご説明させていただいた内容を加味してみると、詐欺ではなく本物なんではないかと私は思っています。

もし、開発側が当初は詐欺で考えていたとしても、これほどまで資金を集めることができているのだったら、本当に開発したほうがメリットの方が大きいと思います。開発側も「ノアコイン」を保有していれば、キャピタルゲインが手に入るからです。

既に購入してしまった方は今更どうにもすることが出来ないので、ノアコインの上場まで約四ヵ月。大人しく待つしかありません。「ノアコイン」が本物であることを祈っています。あくまでも投資は自己責任でお願いします。



投資や海外に関することで気になることがございましたら、お気軽にコメント、お問い合わせください。

フィリピン不動産の購入・売却・賃貸、フィリピン移住、フィリピン投資、アジアの銀行口座開設方法、活用方法など、どんなご相談でも承ります。下記よりご連絡ください。

◇ご相談の申し込みはこちら◇


コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

チャットでのお問合せ