カンボジアの一泊5ドルのドミトリーに泊まってきました

20代から世界の投資商品に目を向けて海外投資を始めている海外投資家です。

本日は、「Cambodia(カンボジア)」の一泊わすか5ドル(570円)で宿泊ができるドミトリーをご紹介いたします。

「Cambodia(カンボジア)」はどんな国

「Cambodia(カンボジア)」は、東南アジア内の新興国と比べると発展が遅れています。理由は戦争が終わってからそれほど日が経っていないためです。

道路もきちんと整備されておらず、車で走るのも難しいほどです。また、治安もあまり良くありません。私が滞在している間にも、危ない目に何度か合いました。

しかし、「Cambodia(カンボジア)」は、今後成長が期待できる新興国の一つで、世界中から注目の投資先としても有名になっています。不動産ディベロッパーの動きも活発で、新しいコンドミニアムが次々に計画されており、首都の「Phnom Penh(プノンペン)」は、他のエリアとは一線を画しています。

一つの部屋に10人宿泊?

「Cambodia(カンボジア)」に訪れる場合、「Phnom Penh(プノンペン)」だったら他のエリアと比べると、治安が良いので安心して回ることができると思います。

私が昨年、「Cambodia(カンボジア)」に視察に行った時には、首都の「Phnom Penh(プノンペン)」ではなく「Siem Reap(シェムリアップ)」に行きました。「Siem Reap(シェムリアップ)」には、世界遺産で有名な「Angkor Wat(アンコールワット)」があります。

その時に泊まったドミトリーが、なんと一泊わすか5ドル(570円)でした。部屋は男女共同になっており、色々な国の人が泊まっています。一つの部屋で10人まで入れます。

私が宿泊した時には、「 Norge(ノルウェー)」「Australia(オーストラリア)」「 Poland(ポーランド)」「Japan(日本)」の人たちが泊まっていました。日本人の女性が偶然にも同じ部屋でした。

私はその時、英語があまり得意ではなかったのですが、積極的に外国の人たちに話しかけてコミュニケーションを図り、仲良くなる事ができたのを今でも覚えています。

夜ご飯は虫を食べてみた

夜ご飯は近くに商店街があったので屋台で買って食べました。ちなみにその時の夜ご飯はこちらです。

ヘビとクモとタガメです笑。せっかくだから現地の料理を食べてみました。感想は控えます笑。値段は各50円でした。

もしカンボジアでスリルを味わいたいなら「Siem Reap(シェムリアップ)」のドミトリーがおすすめです。ただ危機管理だけはしっかりとしておいてください。

投資や海外に関することで気になることがございましたら、お気軽にコメント、お問い合わせください。

フィリピン不動産の購入・売却・賃貸、フィリピン移住、フィリピン投資、アジアの銀行口座開設方法、活用方法など、どんなご相談でも承ります。下記よりご連絡ください。

◇ご相談の申し込みはこちら◇

  • Mobile: None
  • Mail:None

関連記事はこちら


コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

チャットでのお問合せ